トップメッセージ

私たちは、50年以上の歴史をもった富士テクニカと宮津製作所が事業統合して2010年に「富士テクニカ宮津」へと生まれ変わりました。統合前も併せますと、国内外の自動車メーカー様と60年を超える長きに渡り共に歩み続け、大型で高い品質が求められるプレス金型の製造に鋭意努めてまいりました。

近年、世界の自動車業界は地球環境負荷低減を目的とした低燃費車、低CO2排出車など、いわゆるエコ・カー化がますます進んできています。そのことから自動車の外板素材も更なる板厚薄肉化、高張力化、また鋼板に替わる軽いアルミ材や炭素繊維なども採用される機会が増えてきています。これは直接的にプレス金型へも、今までより高い技術と品質が要求されることを意味しています。

私たち富士テクニカ宮津は、自動車プレス金型の設計・製造技術・ノウハウに加え、素材メーカーであるグループ企業のリソースも活かし、素材の領域まで踏み込んだ金型設計を志向して、お客様が求める価値をご提供できる会社を目指してまいります。またこの価値を長く提供し続けるために、お客様との信頼関係・新しい技術・製造ノウハウを継承することのできる、自ら考え、行動し、最後までやり遂げられる人材の育成とともに、組織、仕組みづくりに努力してまいります。
社長
株式会社富士テクニカ宮津 代表取締役社長 長谷川 浩

企業理念

企業理念 日本国内で物作りが難しくなる中、最新の技術に日本人が得意とする
現場の技能を融合させた新しい時代の金型作りに挑戦し、利益を出し続ける会社を目指す。

CSR

わたしたちはCSRの取組みを積極的に進めております。

安全で高品質な金型の提供

わたしたちは、常にお客様の立場で品質を追求し、お客様の満足する金型とサービスを提供致します。
また、常に変化する経営環境に対し、柔軟・適正・スピーディーに対応することを目指しております。
業務の効率と安全性を両立させ、安全で高品質な金型の提供に取り組んでおります。

★ISO 9001(品質マネジメントシステム)認証取得

環境への配慮

わたしたちは、地球環境の保護、地域のエネルギー使用料節約の目的で、省電力化に全社員が積極的に取り組んでおります。
具体的には、電力会社と契約した契約電力を超えない様に、30分最大需要電力計から配信される情報を元に常に最大需要電力を監視し、契約電力の上限目標を上回る可能性が生じた場合には、従業員が携帯している携帯電話に節電を呼びかけるメールを配信。電力消費の無駄をきめ細かく削減する努力をしております。
この制度を本社・三島工場に2009年8月に導入し、導入前の契約電力と比較すると、契約電力の42%削減に成功しております。
今後もこの活動をはじめエネルギー使用の節約に勤め、地球環境保全に貢献してまいります。

★ISO14001(環境マネジメントシステム) 認証取得

多様な人材の活用と育成

わたしたちはグローバルにビジネスを展開しており、多様な人材の活用、育成をさらに強化し、ワールドワイドな競争力を高めてまいります。

関連コンテンツ

PAGE TOP