私たちの事業

総合技術で車づくりをトータルにサポート

私たち富士テクニカ宮津は、1950年代の創業以来、長きに亘り車体用プレス金型の製造に携わってまいりました。

今では世界トップクラスの技術力を誇る車体用プレス金型メーカーとして、世界中の自動車メーカーから認められ、高い信頼を勝ち得ています。

文字通り〝磨き上げてきた”金型加工技術により、高品質かつ高精度な金型で、日々進化するお客様のニーズに確実に応えております。
金型
自動車産業においては、リードタイム(開発期間)の短縮が重要課題であり、金型の製造期間も同様に短縮化が求められております。さらに金型の技術を活かした上流、下流分野の要請も益々強まっています。
金型製作の後段階となる生産ラインのアッセンブリー治具設計・製作、検討用ボディ試作車の製作等、当社はその役割を増やし、次世代の車づくりをサポートします。

金型製作

金型 当社のコアビジネスである金型製作では、最新鋭のコンピュータと熟練の技術により、効率的かつ高精度な金型製作が可能です。

BIW品質向上への対応

■PCF活動によるBIW品質向上活動
車体品質向上を熟知したエンジニアによるPCF活動を通じ、BIW品質の早期向上をサポートし、お客様から高い評価を頂いています。
PCF:Parts Cooridnate Fixture
BIW

自動車内装部品用金型の製作

自動車内装部品用金型
樹脂系内装部品の成形・トリミング・溶着・組み付け等一連の設備について、材料特性や量産設備構成に適した金型・治具を研究・起案し、あらゆるご要望にお応えします。

ホワイトボディの製作

BIW ホワイトボディ 精度の高い金型よりプレスされたパネルを使用して、試作用ボディを製作。全体の精度確認を行います。

関連コンテンツ

PAGE TOP